コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリワサビ(百合山葵) ユリワサビWasabia tenuis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユリワサビ(百合山葵)
ユリワサビ
Wasabia tenuis

アブラナ科の多年草。山地の谷間などの水けの多いところに生えるワサビの1種で,地下茎はワサビより細く白い。根出葉は幅 5cmぐらいの卵状心臓形で長い柄があり,質が薄く,縁は多少の鋸歯があって波打つ。4月頃,20cmぐらいの茎を横に伸ばし,その上部に白い小さな十字花をつける。ワサビのように花茎が直立しない。全体にワサビと同じような香味と辛みがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android