コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユルチッチ Josip Jurčič

世界大百科事典 第2版の解説

ユルチッチ【Josip Jurčič】

1844‐81
ユーゴスラビアの文学者。スロベニアの生れ。ウィーンで古典語を学ぶが中退,雑誌編集者をつとめるかたわら自らも筆を執り,スロベニア初の小説家となる。1867年の《十人兄弟》では,領主の家族,城,村の生活を背景にロマン主義的な勧善懲悪を説いたが,中編《隣の息子》(1868)では,不幸な恋や世代間の葛藤をリアリズム的な手法で描ききった。ほかに戯曲もあり,また本格的な文芸評論家のさきがけともなった。【田中 一生】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のユルチッチの言及

【ユーゴスラビア】より

…セルビアのロマン主義を代表したのは詩人ラディチェビッチBranko Radičević(1824-53)とヤクシッチDura Jakšić(1832-78)である。また19世紀中ごろロシアやフランスのリアリズムに影響されながら,クロアチアの過去を散文に再現したシェノア,セルビア随一の児童文学者ズマイ,スロベニアのユルチッチの活躍も注目される。世紀末にセルビアのラザレビッチLaza Lazarević(1851-91),マタブリスレマツ,クロアチアのノバックVjenceslav Novak(1859-1905)らが地方色豊かな日常生活を好んで描いた。…

※「ユルチッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ユルチッチの関連キーワードスロベニア文学東欧演劇

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android