コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユング・シュティリング Johann Heinrich Jung‐Stilling

1件 の用語解説(ユング・シュティリングの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユング・シュティリング【Johann Heinrich Jung‐Stilling】

1740‐1817
ドイツの敬虔主義者,眼科医,財政学者。本名ユングJohann Heinrich Jung。人生に絶えざる神の導きを認めた《自伝》6巻(1777‐1817)の第1巻は,ゲーテの賞賛するところとなり,小説《郷愁》(1794‐97)は,宗教的覚醒運動に影響を与えた。夢や予言に関心を抱き,《心霊学の理論》(1808)などを書く。ロシアアレクサンドル1世らと親交を結ぶと同時に,無料の白内障手術で貧しい人を助けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ユング・シュティリングの関連キーワードマリア・テレジア市川団蔵モンロー妙心紀行文学ビジット・ジャパンJR沼津駅周辺の鉄道高架事業中国の自動車市場能登半島地震森蘭斎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone