コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーロと危機

1件 の用語解説(ユーロと危機の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ユーロと危機

EUの単一通貨として1999年に創設され、02年から流通が始まった。EU加盟国にはユーロを導入する義務があるが、英国、デンマーク適用除外。昨春、ギリシャの財政危機をきっかけに、ユーロ安・株安が世界的に進み、ユーロ圏16カ国(当時)は昨年5月、ギリシャへの救済融資の枠組みを決定。欧州委員会によると、現在ユーロ圏加入目標時期を公言しているのはラトビアルーマニアだけ。加入しやすいように条件緩和を求めていた中東欧諸国の動きはユーロ危機後、鈍っている。

(2011-02-04 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユーロと危機の関連キーワードフランペニーリラエスクードサンチームドラクマペセタペニヒマルカ馬克

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone