ヨアンネス[ダマスクスの](英語表記)Iōannēs

世界大百科事典 第2版の解説

ヨアンネス[ダマスクスの]【Iōannēs】

675ころ‐749ころ
キリスト教の教義を初めて体系的にまとめた神学者。ラテン名はヨハネスJohannes。東方正教会では最後の教父とされる。シリアのダマスクスキリスト教徒の名門に生まれ,イスラム・カリフ王朝下で役人をつとめたが,ほどなくして修道生活を志し,パレスティナ聖サバス修道院に入った。ビザンティン帝国イコノクラスムに際しては,726年より3点の論考でイコン崇敬を擁護し,それがイコン擁護派の理論的根拠となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヨアンネス[ダマスクスの]の言及

【バルラームとヨアサフ】より

…中世キリスト教世界で広く知られた民衆娯楽文学作品で,《バルラームとヨサファト》の表題でも知られる。ギリシア語版(編纂者は8世紀の神学者ダマスクスのヨアンネスといわれる)から派生した。仏陀伝説のキリスト教版で,ヨアサフJoasaph(ヨサファトJosaphat)の名はアラビア語ブダサフを経て菩薩にさかのぼる。…

※「ヨアンネス[ダマスクスの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android