コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨアンネス[ダマスクスの] Iōannēs

1件 の用語解説(ヨアンネス[ダマスクスの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヨアンネス[ダマスクスの]【Iōannēs】

675ころ‐749ころ
キリスト教の教義を初めて体系的にまとめた神学者。ラテン名はヨハネスJohannes。東方正教会では最後の教父とされる。シリアダマスクスキリスト教徒の名門に生まれ,イスラムカリフ王朝下で役人をつとめたが,ほどなくして修道生活を志し,パレスティナ聖サバス修道院に入った。ビザンティン帝国イコノクラスムに際しては,726年より3点の論考でイコン崇敬を擁護し,それがイコン擁護派の理論的根拠となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のヨアンネス[ダマスクスの]の言及

【バルラームとヨアサフ】より

…中世キリスト教世界で広く知られた民衆娯楽文学作品で,《バルラームとヨサファト》の表題でも知られる。ギリシア語版(編纂者は8世紀の神学者ダマスクスのヨアンネスといわれる)から派生した。仏陀伝説のキリスト教版で,ヨアサフJoasaph(ヨサファトJosaphat)の名はアラビア語ブダサフを経て菩薩にさかのぼる。…

※「ヨアンネス[ダマスクスの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヨアンネス[ダマスクスの]の関連キーワードカテキズム教義学キリスト教綱要組織神学伝道パウロ教えキリスト教会キリスト教徒コプト教

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone