コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウム(洋鵡)(読み)ヨウム(英語表記)African grey parrot

世界大百科事典 第2版の解説

ヨウム【ヨウム(洋鵡) African grey parrot】

オウム目オウム科の(イラスト)。全長約33cm。全体が灰色をした中型インコ。腰は灰白色風切は黒く,尾羽は赤い。西・中央アフリカ熱帯降雨林に群れをつくってすみ,樹冠部を飛びまわって,果実を見つけて食べる。ときには森林近くの農耕地に出て,穀物を荒らすこともある。繁殖期にはつがいにわかれ,天然の樹洞をそのまま利用するか,あるいはくちばしで広げて巣穴にし,1腹2個の卵を産む。この鳥は,ヨーロッパで古くから飼育され,インコ類の中でももっとも物まねがうまく,才知に富む鳥として有名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヨウム(洋鵡)の言及

【オウム(鸚鵡)】より

…オウム・インコ類は,羽色が美しく,動作がおもしろいのみならず,ものまねもでき,人になれやすいなどの特徴をもっているために,ギリシア・ローマ時代以前から飼鳥として親しまれてきた。人間のことばをまねる能力はどの種も多少もっているが,なかでもアフリカ産のヨウム(イラスト)と南アメリカ産のボウシインコ類(イラスト)は,単語だけではなくて,会話や口笛,他の動物の鳴声から機械の音にいたるまで,たいへんじょうずにまねることで知られている。 オウム・インコ類は,アフリカ,アジア,オーストラリア,中南米に約320種が分布し,7亜科に分けられている。…

※「ヨウム(洋鵡)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android