コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウラクツツジ(瓔珞躑躅) ヨウラクツツジMenziesia purpurea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨウラクツツジ(瓔珞躑躅)
ヨウラクツツジ
Menziesia purpurea

ツツジ科の落葉低木。別名ベニドウダン。九州中部から北部の冷温帯に分布し,山地の低木林内に生える。高さ1~1.5m。葉は枝先に輪状に集って互生し,楕円形で表面と縁に腺毛を散生し,裏面は緑白色,主脈上に白色または褐色の毛が生える。5~6月,枝先に総状花序を下垂し,5~10花を束生する。花柄にも腺毛を散生する。は平たく4深裂し,裂片の先は丸い。花冠は濃紅紫色,広鐘形で内部に短毛を密生し,先は4裂する。おしべは 10本。和名は下向きに咲く花を装身具瓔珞にたとえたものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android