ヨウ化銀(沃化銀)(読み)ようかぎん(英語表記)silver iodide

  • ヨウ化銀(沃化銀) silver iodide

翻訳|silver iodide

世界大百科事典 第2版の解説

化学式AgI。黄色固体。比重5.67,融点552℃,沸点1506℃。他のハロゲン化銀と異なり,高圧でのみ塩化ナトリウム型構造をとるが,常圧では多形を示す。α形は常温で安定でセン亜鉛鉱型(立方晶系,格子定数a=6.48Å)である。137℃に転移点がありウルツ鉱型β形となる。β形は六方晶系,a=4.59Å,c=7.52Åである。I過剰の条件でAgIを沈殿させると常温でも準安定状態のβ形が得られるが,これをこするとα形に変わる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android