コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウ素デンプン反応(沃素澱粉反応) ようそでんぷんはんのうiodostarch reaction

世界大百科事典 第2版の解説

ようそでんぷんはんのう【ヨウ素デンプン反応(沃素澱粉反応) iodostarch reaction】

デンプン水溶液またはデンプン粒にヨウ素液を加えると起こる鋭敏な呈色反応。10-5mol/l程度の微量のデンプンまたはヨウ素の検出に利用。呈色は加熱すると消え,冷却すれば再び現れる。デンプンの種類により色は異なり,アミロースでは青色,アミロペクチンでは紫色で,グリコーゲンでは褐色となる。一般にグルコース連鎖の直鎖部分が30~35以上のものでは青色,8~12で赤色となり,6以下では呈色しない。発色機構としては,デンプンの鎖状分子がつくるらせん構造の空間内にヨウ素分子がとり込まれて,いわゆるクラスレート化合物(包接化合物)をつくるためである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヨウ素デンプン反応(沃素澱粉反応)の言及

【電荷移動】より

… 電荷移動による分子化合物は,われわれの周囲に数多く存在している。たとえばデンプンの確認に用いるヨウ素‐デンプン反応は,デンプンのコイル状の分子鎖の中にヨウ素分子が入って電荷移動し,新しい吸収帯を生じ,ヨウ素の褐色が青色に変化するのを利用している。また,水が他の液体と異なった特性を示すのは,水分子の間に働く水素結合に基づいている。…

※「ヨウ素デンプン反応(沃素澱粉反応)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨウ素デンプン反応(沃素澱粉反応)の関連キーワードアミロペクチンデンプン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android