コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨエンスー ヨエンスー Joensuu

3件 の用語解説(ヨエンスーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨエンスー
ヨエンスー
Joensuu

フィンランド南東部,ポフヨイスカリャラ県の県都。ピエリス川河口にある重要な教育都市。 1848年建設。木材工場が立地し,木材の出荷が多い。鉄道,湖沼交通の結節点で,主要な木材積出河港。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヨエンスー(Joensuu)

フィンランド南東部の都市。北カレリア地方の中心地。ロシア統治時代、ニコライ1世により建設。大サイマー湖水系のピエリス川河口に位置し、古くから湖上交通で栄えた。湖水地方東部の観光拠点として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨエンスー
よえんすー
Joensuu

フィンランド南東部、北カレリア地方の中心都市。人口5万2140(2001)。湖水地帯東部のサイマー水系における重要な湖上交通の拠点である。行政・文化・商業の中心であるが、周辺の農村部は人口急減地帯にあたり、都市の活動はやや停滞している。ピエリス湖から流送された原木による製材と周辺酪農地帯に支えられた乳製品工業が主産業であるが、原木の多くはより南方のラッペーンランタなどへ送られる。[塚田秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨエンスーの関連キーワードフィン人フィンランディアカレリアオラビ城Карелияコリ国立公園ママとボクのフィンランドバスカレリア岩カレリアン・ベア・ドッグラッペーンランタ

ヨエンスーの関連情報