ヨエンスー(英語表記)Joensuu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨエンスー
Joensuu

フィンランド南東部,ポフヨイスカリャラ県の県都。ピエリス川河口にある重要な教育都市。 1848年建設。木材工場が立地し,木材の出荷が多い。鉄道,湖沼交通の結節点で,主要な木材積出河港。北カリャラ中央病院,公会堂,ピエリスヨキ城,北カリャラ博物館などがある。人口4万 7991 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヨエンスー(Joensuu)

フィンランド南東部の都市。北カレリア地方の中心地。ロシア統治時代、ニコライ1世により建設。大サイマー湖水系のピエリス川河口に位置し、古くから湖上交通で栄えた。湖水地方東部の観光拠点として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨエンスー
よえんすー
Joensuu

フィンランド南東部、北カレリア地方の中心都市。人口5万2140(2001)。湖水地帯東部のサイマー水系における重要な湖上交通の拠点である。行政・文化・商業の中心であるが、周辺の農村部は人口急減地帯にあたり、都市の活動はやや停滞している。ピエリス湖から流送された原木による製材と周辺酪農地帯に支えられた乳製品工業が主産業であるが、原木の多くはより南方のラッペーンランタなどへ送られる。[塚田秀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android