コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨシフ・ボロツキー Iosif Volotskii

世界大百科事典 第2版の解説

ヨシフ・ボロツキー【Iosif Volotskii】

1439ころ‐1515
ロシアの修道士,宗教思想家。俗名イワン・サーニンIvan Sanin。20歳のころモスクワに近いボロフスキー修道院で剃髪をうける。1479年ボロコラムスキー地方にみずからヨシフォ・ボロコラムスキー修道院を建て,しだいに多くの弟子を集めるようになる。このころからノブゴロドやモスクワに広がった異端を摘発する一方,修道院の社会的責務を重視してその土地所有を肯定する論陣をはる。その立場はニル・ソルスキー,バシアン・パトリケーエフら非保有派の批判をうけるが,ロシア教会内では多数派となり,ヨシフ派を形成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヨシフ・ボロツキーの言及

【ロシア正教会】より

…しかし表面上の繁栄のかげで教会内の矛盾も拡大していた。16世紀初頭に修道士ニル・ソルスキーは修道院の大規模な土地所有を攻撃し,教会の社会的責任を主張するヨシフ・ボロツキーと論争を行った。そして後者の立場が勝利をおさめ,教会と国家の関係はますます密接になった。…

※「ヨシフ・ボロツキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨシフ・ボロツキーの関連キーワードニール・ソルスキー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android