ヨステダールス・ブレ氷河(読み)よすてだーるすぶれひょうが(英語表記)Jostedalsbreen

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨステダールス・ブレ氷河
よすてだーるすぶれひょうが
Jostedalsbreen

ノルウェーのヨートゥンヘイメン山地西部にある氷帽氷河。面積約1150平方キロメートル。アイスランドを除いたヨーロッパでは最大の氷河であり、最高部は1953メートルの標高をもつ。氷期にスカンジナビア半島を覆い、北ドイツにまで達していたスカンジナビア氷床の名残(なごり)ともいえる。北西端はノールフィヨルド(峡湾)に達し、南東部には世界最長のソグネフィヨルドが入り込んでいる。ブレはノルウェー語で氷河を意味する。[小野有五]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android