ヨゼフ カインツ(英語表記)Joseph Kainz

20世紀西洋人名事典の解説

ヨゼフ カインツ
Joseph Kainz


1858 - 1910
ドイツの俳優。
ハンガリー生まれ。
マイニンゲン公劇団で修行をつみ、1874年ウィーンにおいてデビュー。’80年にミュンヘン宮廷劇場に移り、バイエルン国王ルードヴィヒ二世と親交を結び、’83年新設のベルリンのドイツ座において名女優アグネス・ゾルマと競演し、一世を風靡する。’99年以降はウィーンのブルク劇場に迎えられ、シェークスピアシラーなどの主人公役を得意とし、台詞、心理描写の絶妙さによって、自然主義演劇出現前のドイツ劇壇に一時代を築いた名優であった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android