コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨトウムシ(夜盗虫) ヨトウムシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨトウムシ(夜盗虫)
ヨトウムシ

鱗翅目ヤガ科,特にヨトウガの幼虫の俗称。多数の植物を食害するが,特に野菜類,園芸植物などに大害を与えることがある。ヨトウガでは1~3齢幼虫は葉上で食害するが,4齢以上になると昼間は土中の根ぎわに隠れ,夜から朝にかけて加害する。ここから「夜盗虫」の名がある。幼虫は年2回春と夏に現れ,全国的に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のヨトウムシ(夜盗虫)の言及

【ヨトウガ(夜盗蛾)】より

…鱗翅目ヤガ科の昆虫(イラスト)。幼虫は夜間に作物,草花などに加害する習性があるのでヨトウムシと呼ばれ,作物や園芸の害虫として有名である。昼間は根ぎわの地表部に潜んでいるので姿を見ることは少ない。…

※「ヨトウムシ(夜盗虫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android