コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨナス ヨナスJonas, Justus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨナス
Jonas, Justus

[生]1493.6.5. ノルトハウゼン
[没]1555.10.9. アイスフェルト
ドイツの宗教改革者。本名 Jodocus(Jobst) Koch。 M.ルター,P.メランヒトンの著作をドイツ語に翻訳し宗教改革運動に大きな役割を果たした。エルフルトとウィッテンベルク大学でギリシア語と聖書学を学ぶ。ルターと交わりウォルムスに行く。のちウィッテンベルク大学の教会法の教授となり,最も活動的な宗教改革者として活動。ルターの臨終に親友として立ち会った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ヨナス

生年月日:1899年10月4日
オーストリアの大統領
1974年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ヨナスの関連キーワードマルティン イブセンキルヒシュレーガーマックス ミルヌイ国を救った数学少女ユリウス ブリンクワルトハイムリトアニア11月6日生年月日加藤尚武

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヨナスの関連情報