コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス[テープルの] Johannes von Tepl

1件 の用語解説(ヨハネス[テープルの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヨハネス[テープルの]【Johannes von Tepl】

1350?‐1414
中世後期のボヘミア(チェコ)の作家。北ボヘミアの都市ザーツSaaz(現,ジャテツ)の文書官,ラテン語学校校長を務めたので,ザーツのヨハネスとも呼ばれるドイツ語の散文で書かれた短編《ベーメン(ボヘミア)の農夫》(1400ころ)の作者として知られるが,これは論争文学の系譜に連なる作品で,愛妻を産褥(さんじよく)で失った農夫(ただし紙の畑を耕す農夫すなわち文筆の人,作者自身を暗示する)と死神との間にレトリックを駆使した論争が展開する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨハネス[テープルの]の関連キーワード正平汪応祖フィリップ赤松則村高師世ビータウタス観応ウェールズ文学観応の擾乱ドイツ語

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone