コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス[1世] Johannes I Tzimisces

世界大百科事典 第2版の解説

ヨハネス[1世]【Johannes I Tzimisces】

925‐976
ビザンティン帝国の皇帝。在位969‐976年。アルメニア出身の軍人貴族で,皇妃テオファノと共謀しニケフォロス2世を暗殺し即位。キエフのスビャトスラフ・イーゴレビチ公に占拠されていた旧ブルガリア王国領を取り戻してドナウ以南の地を帝国領とし(971),メソポタミア,シリア,パレスティナに遠征し,帝国領の拡大に成功した。オットー2世には姪のテオファノを降嫁させ,神聖ローマ帝国との決裂を避けた(972)。【和田 広】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨハネス[1世]の関連キーワード貞元ハカム2世ヨハネス1世趙匡胤太宗(宋)趙匡胤太祖[宋]バーベンベルク朝レオン・ディアコノス宋(中国の王朝(960~1279))

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android