コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス[12世] Johannes XII

世界大百科事典 第2版の解説

ヨハネス[12世]【Johannes XII】

937‐964
ローマ教皇。在位955‐964年。スポレト公アルベリヒ2世の子。父の尽力で955年18歳で教皇に就任したが,経験不足からローマ内外の巧妙な政治家たちに操られ,教皇の権威は衰えた。962年オットー1世に皇帝戴冠を行い,返礼として〈オットーの特許状〉を得たが,翌年反オットー政策を推進したことが発覚して解任された。オットーがローマを去るや教会会議を召集して教皇に復位したが,その3ヵ月後急死した。【今野 国雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ヨハネス[12世]の関連キーワードヨハネス12世康保レオ8世大理段思平イスラエル王国ユダ王国李べん良源浄蔵

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android