コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス[8世] Johannes VIII Palaelogus

1件 の用語解説(ヨハネス[8世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヨハネス[8世]【Johannes VIII Palaelogus】

1390‐1448
ビザンティン帝国の皇帝。在位1425‐48年。マヌエル2世の息子で1421年来共同皇帝となり,父の死後即位。オスマン帝国軍に対抗するため西欧の軍事援助を必要としイタリアに赴き(1437),フェラーラフィレンツェ公会議で東西両教会の統一宣言に署名したが(1439),実効はあがらなかった。バルナの戦(1444)に続くコソボの戦(1448)の敗北により,キリスト教徒の反撃は失敗し,ビザンティン帝国に対する包囲網はますます縮まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヨハネス[8世]の関連キーワードデューク東ローマ帝国ビザンチン建築ビザンチン帝国ラテン帝国ビザンチウムビザンチン教会ビザンツ帝国ビザンチン式ビザンチン文化

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone