コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス[8世] Johannes VIII Palaelogus

世界大百科事典 第2版の解説

ヨハネス[8世]【Johannes VIII Palaelogus】

1390‐1448
ビザンティン帝国の皇帝。在位1425‐48年。マヌエル2世の息子で1421年来共同皇帝となり,父の死後即位。オスマン帝国軍に対抗するため西欧の軍事援助を必要としイタリアに赴き(1437),フェラーラ・フィレンツェ公会議で東西両教会の統一宣言に署名したが(1439),実効はあがらなかった。バルナの戦(1444)に続くコソボの戦(1448)の敗北により,キリスト教徒の反撃は失敗し,ビザンティン帝国に対する包囲網はますます縮まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨハネス[8世]の関連キーワードフェラーラ・フィレンツェ公会議

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android