ヨハネス[8世](英語表記)Johannes VIII Palaelogus

世界大百科事典 第2版の解説

ヨハネス[8世]【Johannes VIII Palaelogus】

1390‐1448
ビザンティン帝国の皇帝。在位1425‐48年。マヌエル2世の息子で1421年来共同皇帝となり,父の死後即位。オスマン帝国軍に対抗するため西欧の軍事援助を必要としイタリアに赴き(1437),フェラーラ・フィレンツェ公会議で東西両教会の統一宣言に署名したが(1439),実効はあがらなかった。バルナの戦(1444)に続くコソボの戦(1448)の敗北により,キリスト教徒の反撃は失敗し,ビザンティン帝国に対する包囲網はますます縮まった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android