コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス[8世] Johannes VIII Palaelogus

1件 の用語解説(ヨハネス[8世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヨハネス[8世]【Johannes VIII Palaelogus】

1390‐1448
ビザンティン帝国の皇帝。在位1425‐48年。マヌエル2世の息子で1421年来共同皇帝となり,父の死後即位。オスマン帝国軍に対抗するため西欧の軍事援助を必要としイタリアに赴き(1437),フェラーラフィレンツェ公会議で東西両教会の統一宣言に署名したが(1439),実効はあがらなかった。バルナの戦(1444)に続くコソボの戦(1448)の敗北により,キリスト教徒の反撃は失敗し,ビザンティン帝国に対する包囲網はますます縮まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨハネス[8世]の関連キーワード明徳赤松則繁源幸子元中ソフトバンク清水峠宗長智蘊エクアドル看聞日記

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone