コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス・クリマクス Johannes Climacus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス・クリマクス
Johannes Climacus

[生]579頃
[没]649頃
聖人。 600年頃シナイ山の聖カテリナ修道院に入り,のち隠修士として生活し,39年同修道院長。クリマクスの名はその著作『天国への楷梯』 Climax tou paradeisouに由来する。これは荒野の教父たちの教えを集大成した霊性の古典である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨハネス・クリマクスの関連キーワードマルチヌス1世テオドルス1世ホスローホスローグレゴリウス1世ベネディクツス1世買戻し李世民南詔太宗

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android