コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス・クリマクス Johannes Climacus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス・クリマクス
Johannes Climacus

[生]579頃
[没]649頃
聖人。 600年頃シナイ山の聖カテリナ修道院に入り,のち隠修士として生活し,39年同修道院長。クリマクスの名はその著作『天国への楷梯』 Climax tou paradeisouに由来する。これは荒野の教父たちの教えを集大成した霊性の古典である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨハネス・クリマクスの関連キーワードマルチヌス1世テオドルス1世ホスローホスローグレゴリウス1世ベネディクツス1世買戻し李世民南詔太宗

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android