コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス13世 ヨハネスじゅうさんせいJohannes XIII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス13世
ヨハネスじゅうさんせい
Johannes XIII

[生]?. ローマ
[没]972.9.6. ローマ
ローマ出身の第133代教皇在位 965~972)。教皇領ナルニの司教だったが,965年10月,神聖ローマ皇帝オットー1世(在位 962~973)により教皇に選ばれた。皇帝の政策と教会に対する施策を強く支持した。敬虔で博識であったが,965年12月,皇帝によって選出されたことに反感をもつローマ貴族らにより拉致され,のちにオットー1世により救出された。967年にはオットー1世の 12歳の息子,オットー2世を神聖ローマ皇帝として戴冠し,972年のオットー2世とビザンチン帝国皇女テオファノの結婚に際しては,テオファノを神聖ローマ帝国皇后として戴冠した。皇帝家との関係が強固だったため在位中は平和が保たれ,皇帝は広大な教皇領を回復させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨハネス13世の関連キーワードベネディクツス6世

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android