コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハンネス・フォン・テプル ヨハンネス・フォン・テプルJohannes von Tepl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハンネス・フォン・テプル
Johannes von Tepl

[生]1350頃.テプル
[没]1414頃.プラハ
ドイツの人文主義の先駆者。別名 Johann von Saaz。ザーツでラテン語学校の校長や公証人,市の書記をつとめる。 1400年8月最初の妻を亡くし,その体験をもとに,最愛の妻を失った農夫と死神との間で戦わされた生と死の意味についての論争という形式で『ボヘミアの農夫Ackermann aus Böhmenを書いた。これはドイツ人文主義の最初の文学作品で,同時に新高ドイツ語で書かれた最初の散文作品であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヨハンネス・フォン・テプルの関連キーワード正平汪応祖フィリップ赤松則村高師世ビータウタス観応ウェールズ文学観応の擾乱ドイツ語

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone