ヨブスマソウ(夜衾草)(読み)ヨブスマソウ(英語表記)Cacalia hastata var. orientalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨブスマソウ(夜衾草)
ヨブスマソウ
Cacalia hastata var. orientalis

キク科の多年草北半球の温帯から冷温帯に広く分布する母種 C. hastataの1変種とされ,中部以北の本州と北海道,サハリンなどに分布する。同一母種の別変種コウモリソウ (蝙蝠草) に比べてはるかに大型で,葉柄には鰭のような翼が目立つ。深山に多く,は高さ 2mに達する。葉は互生し長さ 20~30cm,横幅はさらに広い三角形状で頭部はとがり,基部楔形で,左右に1つずつ大きな突出片をもっている。夏から秋にかけて,茎の上部に大きな円錐花序を生じ,白色の管状花でできた頭状花をまばらにつける。東北地方では若い葉を食べる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android