コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨブスマソウ(夜衾草) ヨブスマソウCacalia hastata var. orientalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨブスマソウ(夜衾草)
ヨブスマソウ
Cacalia hastata var. orientalis

キク科の多年草北半球の温帯から冷温帯に広く分布する母種 C. hastataの1変種とされ,中部以北の本州と北海道,サハリンなどに分布する。同一母種の別変種コウモリソウ (蝙蝠草) に比べてはるかに大型で,葉柄には鰭のような翼が目立つ。深山に多く,は高さ 2mに達する。葉は互生し長さ 20~30cm,横幅はさらに広い三角形状で頭部はとがり,基部楔形で,左右に1つずつ大きな突出片をもっている。夏から秋にかけて,茎の上部に大きな円錐花序を生じ,白色の管状花でできた頭状花をまばらにつける。東北地方では若い葉を食べる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨブスマソウ(夜衾草)の関連キーワードコウモリソウ(蝙蝠草)サハリンキク科

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android