コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨメナ(嫁菜) ヨメナKalimeris yomena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨメナ(嫁菜)
ヨメナ
Kalimeris yomena

キク科の多年草で,ハギナともいう。北海道を除く日本の暖地に広く分布し,山野に最も普通にみられる。地下茎を引いて繁殖し,茎は緑色で多少紫色を帯び,高さ 60~120cmで,上部で分枝する。葉は互生し長さ4~10cmの卵形ないし披針形で短い柄があり,あらい鋸歯が目立ち,上面に光沢がある。夏から秋にかけて,枝先に径2~3cmの淡紫色の頭状花をつける。頭花は中心部の黄色の筒状花と,それを囲む舌状花とから成る。総包片は3裂し外片はやや短い。果実は痩果冠毛は非常に短い。若葉はゆでて食用とされる。全体としてノコンギク (野紺菊) によく似ているが,痩果にほとんど冠毛のない点で別属とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヨメナ(嫁菜)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android