コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨモギエダシャク(蓬枝尺) ヨモギエダシャクAscotis selenaria

世界大百科事典 第2版の解説

ヨモギエダシャク【ヨモギエダシャク(蓬枝尺) Ascotis selenaria】

鱗翅目シャクガ科の昆虫。翅の開張3.5~5cm。色彩は変化に富み,体翅とも灰色,灰黄色からかなり黒みがかった個体まである。前・後翅とも横脈上に環状の黒紋があり,外横線は鋸歯状。前翅裏面の翅頂部には黒褐色でかこまれた白紋がある。雄の触角は繊毛状だが,雌では糸状で毛が生えていない。ヨーロッパ南部からアフリカ,アジアのほとんど全域に分布し,日本では北海道から屋久島まで,全国的にごくふつうに見られる。幼虫は淡褐色から暗褐色,あるいは緑色のシャクトリムシで,第2腹節の瘤起(りゆうき)がとくに目だつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android