コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨモギエダシャク(蓬枝尺) ヨモギエダシャク Ascotis selenaria

1件 の用語解説(ヨモギエダシャク(蓬枝尺)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヨモギエダシャク【ヨモギエダシャク(蓬枝尺) Ascotis selenaria】

鱗翅目シャクガ科の昆虫。翅の開張3.5~5cm。色彩は変化に富み,体翅とも灰色,灰黄色からかなり黒みがかった個体まである。前・後翅とも横脈上に環状の黒紋があり,外横線は鋸歯状。前翅裏面の翅頂部には黒褐色でかこまれた白紋がある。雄の触角は繊毛状だが,雌では糸状で毛が生えていない。ヨーロッパ南部からアフリカアジアのほとんど全域に分布し,日本では北海道から屋久島まで,全国的にごくふつうに見られる。幼虫は淡褐色から暗褐色,あるいは緑色のシャクトリムシで,第2腹節の瘤起(りゆうき)がとくに目だつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヨモギエダシャク(蓬枝尺)の関連キーワード枯葉蛾孔雀蝶小菜蛾尺蛾天狗蝶毒蛾虎蛾蜂蜜蛾草蜉蝣鯱蛾

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone