ヨレモクモドキ

海藻海草標本図鑑の解説

ヨレモクモドキ

茎は短く円柱状。頂端から少数の枝を生じる。枝は偏平二稜形で全縁。ねじれはみられない。葉は下部のものは楕 円形で反曲しており,上部のものは紡錘形〜被針形で鋸歯を持つようになる。気胞は柄を持ち,倒卵形〜紡錘形をしており,気胞と同じくらいの長さの冠葉をつ ける。晩春から初夏にかけて成熟する。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android