コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨレモクモドキ

1件 の用語解説(ヨレモクモドキの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

ヨレモクモドキ

茎は短く円柱状。頂端から少数の枝を生じる。枝は偏平二稜形で全縁。ねじれはみられない。葉は下部のものは楕 円形で反曲しており,上部のものは紡錘形〜被針形で鋸歯を持つようになる。気胞は柄を持ち,倒卵形〜紡錘形をしており,気胞と同じくらいの長さの冠葉をつ ける。晩春から初夏にかけて成熟する。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨレモクモドキの関連キーワードアカモク系統樹福田枝を交わす業力万年杉肌に粟を生じるキュウリ柱状炭炭疽病(ノシバ)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone