コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーロッパトノサマガエル ヨーロッパトノサマガエルRana esculenta; European edible frog

1件 の用語解説(ヨーロッパトノサマガエルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーロッパトノサマガエル
ヨーロッパトノサマガエル
Rana esculenta; European edible frog

カエル目アカガエル科。日本のトノサマガエルによく似たカエルで,ヨーロッパに広く分布する。肉は pond chickenと呼ばれ,食用になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のヨーロッパトノサマガエルの言及

【アカガエル(赤蛙)】より

…本属の特徴は前肢が5指制なことで,しかも第1指の骨がとげ状をしており自衛の武器となっている。アカガエル類はアジアをはじめ世界の各地で食用に供され,日本各地に分布するウシガエルのほか東アジアではトラフガエルR.tigrina(体長12cm)が水雞と称して賞味され,ヨーロッパトノサマガエルR.esculentaは英名そのものがedible frog(食用ガエル)であり,稀種(きしゆ)のゴライアスガエルさえも現地では特別料理の材料となる。【松井 孝爾】。…

【食用ガエル(食用蛙)】より

…ショクヨウガエルの別名をもつアメリカ合衆国原産のウシガエルRana catesbeiana(イラスト)をはじめ,カエルは世界各地で食用に供されている。例えば,ヨーロッパトノサマガエルRana esculentaの英名edible frogは食用ガエルを意味し,南アジア産トラフガエルRana tigrinaはもも肉の味から水鶏(ツイコイ)と呼ばれる。アマゾン川流域ではアベコベガエルPseudis paradoxaの全長25cmに達するオタマジャクシまでが,市場で売られている。…

※「ヨーロッパトノサマガエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone