コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライスケ Reiske, Johann Jakob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライスケ
Reiske, Johann Jakob

[生]1716.12.25. ゼルビク
[没]1774.8.14. ライプチヒ
ドイツの古典学者。ハレの孤児院に育ち,ライプチヒ大学で学んだ。アラビアやギリシアの古典に造詣深く,生涯を貧困のうちに過したが,1758年にはライプチヒの聖ニコライ院長となり,同時代のフリードリヒ2世 (大王) ,G.レッシングらの敬愛をかちえた。プルタルコスハリカルナッソスのディオニュシオスらの著作の校訂出版がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ライスケの関連キーワード奥野 文七

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ライスケの関連情報