コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライトゥルギー Leiturgie[ドイツ]

1件 の用語解説(ライトゥルギーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ライトゥルギー【Leiturgie[ドイツ]】

公的なleitos奉仕ergonを意味する古典ギリシア語leitourgiaに由来する語。古代ギリシア都市国家が市民に課した,軍船維持・修理,祭典,体育,使節などのさまざまな内容の,臨時および定期の奉仕義務。指名された該当者(事実上,有資産市民)は原則として,みずから赴き,みずからの経費負担で義務を遂行した。ラテン語での対応語がムネラmuneraであり,ローマ帝国治下の属州都市では,参事会員curialesは名誉職honores(ギリシア語ではarchai)として別扱いされ,ムネラとは区別されたが,参事会員の就任忌避が強まるなかで,この区別は実質的意味を失った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ライトゥルギーの関連キーワードNull墾田アルピニズム他界ゼタヨタV・ファーレン長崎バイオジェネシス立ち往生東白菊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone