コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライトスルー/ライトバックキャッシュ らいとするー/らいとばっく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ライトスルー/ライトバックキャッシュ

メインメモリーの内容をキャッシュ読み込むことをフィル(fill)といい、486では16bytes単位、Pentiumなら32bytes単位(これをラインと呼ぶ)で行なう。キャッシュをフィルするためには、空きラインを見つけなければならないが、もし空きラインがなければ(キャッシュ内がすべて有効なデータで埋まっている場合は)、まず、使用頻度の低いラインを解放することが必要になる。これをキャッシュをフラッシュするという。 ライトスルーとライトバックは、キャッシュのデータ更新のバリエーションである。プロセッサーがデータをメモリーに書き込む場合、キャッシュと同時にメインメモリーにも書き込む方式をライトスルー(write through)という。この方式では、書き込みの時間はメインメモリーのアクセス時間と同じなので、高速化はされない。しかしキャッシュの内容をフラッシュする必要が生じても、何もしなくてもよいので、回路が簡単になる。これに対してライトバック(write back)方式では、書き込みはキャッシュメモリーにも行なって、読み出し時間だけではなく、書き込み時間をも短縮している。しかし実際に書き込まれたデータはキャッシュメモリー上にしか存在しないため、キャッシュをフラッシュするときは、キャッシュメモリーの内容をメインメモリーに書き戻さなければならない。この動作を称してライトバック方式と呼ぶ。この方式は、ライトスルー方式よりも実装は困難だが、全体的な性能はライトスルーよりもよくなる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone