コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団 ライプチヒゲバントハウスかんげんがくだんGewandhausorchester Leipzig

世界大百科事典 第2版の解説

ライプチヒゲバントハウスかんげんがくだん【ライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団 Gewandhausorchester Leipzig】

ドイツの管弦楽団。ヨーロッパで現存する最も歴史の古い管弦楽団の一つ。1781年ライプチヒで新築の織物陳列館(ゲバントハウス)で演奏会を開いたのがその発端で,ヒラーJohann Adam Hiller(1728‐1804)が初代指揮者を務めた。メンデルスゾーンもここの指揮台に立つなど由緒ある楽団であるが,第2次世界大戦で大きな被害があり,戦後,コンビチュニーFranz Konwitschny(1901‐62)の手で復興された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団の関連キーワードゲバントハウス管弦楽団フルトウェングラーバックハウスシューベルトライネッケマズア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団の関連情報