ラインの黄金

デジタル大辞泉の解説

ラインのおうごん〔‐のワウゴン〕【ラインの黄金】

《原題、〈ドイツ〉Das Rheingoldワグナーの楽劇「ニーベルングの指輪」四部作の「序夜」にあたる作品。神々の長ウォータン、ニーベルング族の小人アルベリヒ、火の神ローゲを中心とする、世界を支配できるという黄金の指輪をめぐる物語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラインの黄金の関連情報