コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウリーア Lauria(Loria; Luria), Ruggero di

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウリーア
Lauria(Loria; Luria), Ruggero di

[生]1250. ラウリーア
[没]1304/1305. バレンシア
スペインのアラゴン家に仕えたイタリア人提督。シチリア王マンフレートの娘コンスタンス (のちのアラゴン王ペドロ3世〈大王〉の妃) の乳母の子で,少年期をアラゴン王宮で過した。ペドロ3世 (1282年よりピエトロ1世としてシチリア王を兼ねる) に艦隊司令官に任じられ,1283年マルタ島沖でシャルル1世 (ナポリ王) の艦隊を破った。 85年フランス王フィリップ3世が海路カタルニャに侵攻したとき,シチリア=カタルニャ連合艦隊を率いてこれを打破。ペドロ没後にシチリア王を継いだ次男のジャコモ (ハイメ) 1世にも仕えたが,1302年カルタベロッタの和約が結ばれたあとは引退してスペインのバレンシアの領地で暮した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラウリーアの関連キーワードカイロマムルーク朝ガーザーン・ハーン合賛汗イブン・バットゥータイル・ハン国ガーザーン・ハン(合賛汗)ダンテガザン‐ハン実融

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android