コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウル・カストロ政権

1件 の用語解説(ラウル・カストロ政権の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ラウル・カストロ政権

約半世紀にわたってキューバを率いたフィデル・カストロ氏が2006年に病で倒れ、実弟のラウル氏に権限を委譲。ラウル氏は08年に国家評議会議長に就任し、労働者向けの低価格食堂廃止、自営業の許可業種拡大などに踏み切った。11年の共産党大会では、国民全体に富を等しく配分する「平等主義」からの脱却を明文化し、食糧配給制度の廃止や、働きに応じて賃金を増減させる成果主義を盛り込んだ。公務員リストラや、民間部門の雇用増を進め、同年末には家や自動車の売買も解禁した。

(2012-02-28 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラウル・カストロ政権の関連キーワードシデフィデリオスキューバダイビングアフロキューバンカテキューキューバ危機サンティアゴデキューバフィデリティーキューバ・リブレグラナドス:キューバ風/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラウル・カストロ政権の関連情報