ラウル・ド・ウーダン(英語表記)Raoul de Houdenc

世界大百科事典 第2版の解説

ラウル・ド・ウーダン【Raoul de Houdenc】

1165ころ‐1230ころ
中世フランスの詩人,物語作者。北フランスに生まれ,貧しい放浪生活を送る。アーサー王伝説の一主題の巧みな心理分析によって物語り,錯綜した挿話の織物となっている代表作《メロージ・ド・ポールレゲ》(13世紀初頭)にはクレティアン・ド・トロアの影響がみられる。寓意による教訓詩《地獄の夢》(1210ころ)は地獄下りの夢を物語り,主人公は〈貪欲〉〈裏切り〉の町を過ぎ,〈大食河〉を越えて呪われた地獄の市に着く。同じ寓意的教訓詩《翼物語》(1234ころ)は完全な宮廷騎士への処法を示す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android