コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウ諸島 ラウしょとうLau Group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウ諸島
ラウしょとう
Lau Group

南太平洋,フィジー南東部,コロ海に散在する島嶼群。最大の島はバヌアンバラブ島で,ロマロマ港がある。かつて綿花が生産されたが現在はコプラを輸出。第2のラケンバ島はトンガ人との交流地で,かつての伝道交易の拠点。現在はこの地区の行政中心地。ポリネシアの影響が強い。面積 487km2。人口1万 4203 (1986) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラウ諸島の関連キーワードフェニックス[諸島]ニュージーランドスウェインズ島ユニオン諸島非自治地域パラオ諸島

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android