コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラエネック Laënnec, René Théophile Hyacinthe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラエネック
Laënnec, René Théophile Hyacinthe

[生]1781.2.17. ブルターニュ,カンペール
[没]1826.8.13. ケルアネック
フランスの医師。近代心臓病学,呼吸器疾患診断の基礎を築き,胸部臨床医学の父といわれる。パリ大学でナポレオンの侍医 J.コルビザールに師事,1804年に卒業。 16年ネッケル病院医員。 22年コレージュ・ド・フランス教授。 23年シャリテ病院医員。紙を円筒状に巻いた聴診器を発明,3年間患者のいろいろの音を記録し,死後の病理解剖学的所見と対照して,これらの音がどういう病変から生じるかを確認した。彼の聴診法については,医学史上,最も価値の高い教科書の一つ『聴診について』 De l'auscultation médiate (1819) に詳述されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラエネック
らえねっく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラエネックの関連キーワードスコダ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android