コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラオチュウ(老酒) ラオチュウ

百科事典マイペディアの解説

ラオチュウ(老酒)【ラオチュウ】

中国の醸造酒である黄酒(ホワンチュウ)の古いものの総称だが,今は貯蔵年数の多い紹興酒をこの名で呼んでいる。もち米トウモロコシコーリャン,アワなどの穀類を原料とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラオチュウ【ラオチュウ(老酒) lǎo jiǔ】

長期間の貯蔵(陳醸(ちんじよう)という)によって香りと味がともに円熟した黄酒(醸造酒)の意であるが,一般に貯蔵年数の多い紹興酒をこの名で呼ぶ。しばしば氷砂糖を添えて供されるが,これは客に対する主人側のけんそんの意の表現で,老酒の名に値するものの場合は,清酒同様,適度に温め,そのまま飲むのがよい。【堀 健三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラオチュウ(老酒)の関連キーワード中国酒

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android