コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラカビ手 ラカビでLakabi ware

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラカビ手
ラカビで
Lakabi ware

11~13世紀のペルシア陶器の一種。刻線またはかき落しで,簡略化した動物文や鳥文を描いて施釉した陶器。イランのレイ地方で多く出土する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラカビ手の関連キーワードセルジューク朝美術

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android