ラクシュミー・バーイー(英語表記)Lakshmī Bāī

世界大百科事典 第2版の解説

ラクシュミー・バーイー【Lakshmī Bāī】

?‐1858
インド民族運動の女性指導者。インド大反乱(セポイの反乱)の英雄。マラーター同盟の末裔に生まれ,ジャーンシー王国のガンガーダル・ラーオと結婚。嫡子なき王国は併合というイギリスの政策により,王の死後併合される。1857年大反乱勃発により,反乱側の指導者となり,マラーター同盟系の人々と協力,反乱軍の中でも有能かつ勇敢な指揮者だった。グワーリオール落城の際,戦死。【長崎 暢子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android