ラグーザ 玉(読み)ラグーザ タマ

20世紀日本人名事典の解説

ラグーザ 玉
ラグーザ タマ

明治〜昭和期の洋画家



生年
文久1年6月10日(1861年)

没年
昭和14(1939)年4月6日

出生地
江戸・芝新堀町(東京都港区)

旧姓(旧名)
清原 玉(キヨハラ タマ)

別名
号=永寿,イタリア名=ラグーザ エレオノーラ,別名=ラグーザ お玉(ラグーザ オタマ)

経歴
明治5年頃から栄洲に日本画を学び永寿と号した。9年工部美術学校(のちの東京美校)教授として政府が招いたイタリア人彫刻家ヴィンツェンツォ・ラグーザに洋画を学び、のち結婚。15年ラグーザの帰国に従いイタリア・シチリア島のパレルモに移住、同地の高等美術工芸学校教授を務める。南イタリア美術展、イタリア全国博覧会美術部門、ニューヨークの国際美術展、シカゴ万博などで受賞。夫の没後、昭和8年帰国し自適の生活の中で制作を続けた。代表作に「天楽礼讃」「春」「京都風俗」など。61年、47年振りに作品展が開催された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ラグーザ 玉 (らぐーざ たま)

生年月日:1861年6月10日
明治時代-昭和時代の洋画家
1939年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android