ラケス(英語表記)Lachēs

翻訳|laches

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラケス
Lachēs

[生]前475頃
[没]前418
古代ギリシア,アテネの将軍,政治家。富裕な貴族の出身。ペロポネソス戦争前半で指導的な役割を果し,ニキアスとともに保守派を代表した。前 421年の平和条約締結委員の一人。マンチネアの会戦で戦死。プラトンの対話篇に「ラケス」の1編があって,その勇敢さについて論じている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android