コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラコフスキ ラコフスキRakovski, Georgi Sava Stoikov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラコフスキ
Rakovski, Georgi Sava Stoikov

[生]1821.4.14. コテル
[没]1867.10.20. ブカレスト
ブルガリアの革命家,作家。裕福な地主の家に生れ,イスタンブールのギリシア系の学校で学ぶ。 1841年反オスマン帝国蜂起に失敗し,フランスに亡命。クリミア戦争中の 53~54年再度蜂起を企て,逮捕。死刑執行前に逃亡。 61~62年ベオグラードに「ブルガリア軍団」を設立してセルビア政府と衝突。 66年ルーマニアに「ブルガリア最高国民委員会」を樹立,祖国の武力解放を企てたが,事業なかばにして病没作家ジャーナリスト歴史家としても多くの業績を残し,知識人に大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラコフスキ【Georgi Stoikov Rakovski】

1821‐67
ブルガリアの革命家。1860年代オスマン帝国支配下のブルガリアにおいて高揚してきた民族解放運動の指導者。富裕な商家に生まれイスタンブールのギリシア語学校で学ぶ。クリミア戦争時から文筆活動を始め,60年には政治新聞《ドナウスキ・レベド》を発行して愛国的な青年たちの民族意識を刺激した。61年にブルガリア解放の手段として武装蜂起による革命を初めて打ち出した。他のバルカン諸民族の運動との連帯も考え各国に働きかけたが,失敗。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラコフスキの関連キーワードアレクサンデル クワシニエフスキディミトロフグラドユーノワVIIIブルガリア文学ラコフスキー四月蜂起レフスキ地主亡命

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android