コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラコーン Lakhon

世界大百科事典 第2版の解説

ラコーン【Lakhon】

タイの演劇の一種。タイの演劇にはほかにコーン(仮面黙劇),ナン(影絵劇),フン(人形劇)がある。ラコーンの語源にはカンボジア語説と南タイ地名説がある。ラコーンは舞踊から始まったもので,遊歴劇(ラコーン・チャートリー),内劇(ラコーン・ナイ),外劇(ラコーン・ノーク)に分けられる。遊歴劇は内劇,外劇の原形で,インドからマラヤを経て入った。小人数で演じる王中心の劇で,リケー(ジーケー,舞踊音楽劇)もこの流れである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラコーンの関連キーワードラコーン・チャトゥリーラコーン・バサックナコンナーヨック県ラコーン・ナーイタイ王立舞踊団東南アジア芸能ラーマキアンピーパットラッキーマノーラタイ音楽タイ舞踊ナビ派イナオ妖精

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android