ラザフォード散乱公式(英語表記)Rutherford scattering equation

法則の辞典の解説

ラザフォード散乱公式【Rutherford scattering equation】

一般にはクーロン力を及ぼしあう粒子間の散乱をラザフォード散乱*というのだが,通常は一方が重い原子核である場合(ラザフォードが最初に発見したのと同じようなケース)を指す.この場合,質量 m,速度 v で電荷 z1e の粒子が,電荷 z2e の粒子によって受けるラザフォード散乱の微分断面積は

で表される.これをラザフォード散乱公式と呼んでいる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android