ラザフォード散乱公式(英語表記)Rutherford scattering equation

法則の辞典の解説

ラザフォード散乱公式【Rutherford scattering equation】

一般にはクーロン力を及ぼしあう粒子間の散乱をラザフォード散乱*というのだが,通常は一方が重い原子核である場合(ラザフォードが最初に発見したのと同じようなケース)を指す.この場合,質量 m,速度 v で電荷 z1e の粒子が,電荷 z2e の粒子によって受けるラザフォード散乱の微分断面積は

で表される.これをラザフォード散乱公式と呼んでいる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android