コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラショウモンカズラ(羅生門蔓) ラショウモンカズラ Meehania urticifolia

2件 の用語解説(ラショウモンカズラ(羅生門蔓)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラショウモンカズラ(羅生門蔓)
ラショウモンカズラ
Meehania urticifolia

シソ科の多年草。本州以南および東アジアに分布し,山地の木陰に生える。茎は四角形で長く地上をはい,節から根を出す。花茎は直立し高さ 15~30cmあって,全体に白色の長毛をつける。葉は対生し,下部のものは長い柄があって大きく,上方にいくに従って柄は短く茎を抱くようになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラショウモンカズラ【ラショウモンカズラ(羅生門蔓) Meehania urticifolia Makino】

山の林の中に生えるシソ科の多年草(イラスト)。茎は四角形で地表をはい,花をつける茎はその節から出て立ち上がり,高さ20~30cm。葉は対生して卵心形,粗い鋸歯があり,下部のものは葉柄があるが,茎の上部につくものは無柄。花は春,茎の先にまばらな花穂を作って開き,一方に片寄って横向きにつく。萼は筒状で先は浅く5裂する。花冠は大きく,紫色で長さ約5cm,筒の部分の半分から先は太くなり,2唇形になった下唇は3裂して開出し,中央裂片は最も大きくさらに2裂し,濃紫色の斑点があり,喉部(のどぶ)に白い毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラショウモンカズラ(羅生門蔓)の関連キーワード犬胡麻塔花浪来草宝鐸草山薄荷秋丁子車花蔓夏枯草柊草ジャコウソウ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone