ラショウモンカズラ(羅生門蔓)(読み)ラショウモンカズラ(英語表記)Meehania urticifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラショウモンカズラ(羅生門蔓)
ラショウモンカズラ
Meehania urticifolia

シソ科の多年草。本州以南および東アジアに分布し,山地木陰に生える。四角形で長く地上をはい,節から根を出す。花茎は直立し高さ 15~30cmあって,全体に白色長毛をつける。葉は対生し,下部のものは長い柄があって大きく,上方にいくに従って柄は短く茎を抱くようになる。下部の葉は長さ3~5cmの心状卵円形で先は鋭くとがり,縁にあらい鋸歯がある。4~5月に,紫色で大型の唇形花を一方の側に並べてつける。下唇の中央裂片は特に大きく,内側に長い白毛と濃紫色の斑点が目立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラショウモンカズラ【ラショウモンカズラ(羅生門蔓) Meehania urticifolia Makino】

山の林の中に生えるシソ科の多年草(イラスト)。茎は四角形で地表をはい,花をつける茎はその節から出て立ち上がり,高さ20~30cm。葉は対生して卵心形,粗い鋸歯があり,下部のものは葉柄があるが,茎の上部につくものは無柄。花は春,茎の先にまばらな花穂を作って開き,一方に片寄って横向きにつく。筒状で先は浅く5裂する。花冠は大きく,紫色で長さ約5cm,筒の部分の半分から先は太くなり,2唇形になった下唇は3裂して開出し,中央裂片は最も大きくさらに2裂し,濃紫色の斑点があり,喉部(のどぶ)に白い毛がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android