コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラシード・アッディーン Rashīd al‐Dīn

世界大百科事典 第2版の解説

ラシード・アッディーン【Rashīd al‐Dīn】

1247‐1318
イル・ハーン国の政治・財政顧問,歴史家。初め典医としてアーバーカー・ハーンの宮廷にあった。1298年ころガーザーン・ハーンに抜擢されて仕え,ニザーム・アルムルクに範をとり,イラン社会に適合したモンゴル支配体制の確立に尽力した。続くウルジャーイートゥー・ハーンにも仕え,ガーザーン・ハーンの諸施策を推進したが,アブー・サイード・ハーン時代の初め,政敵の陰謀によって処刑された。ガーザーン・ハーンの口述に基づき《モンゴル史》を編纂し,さらに,ウルジャーイートゥー・ハーンの命により,《モンゴル史》を核とする一種の世界史《集史》の編纂にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のラシード・アッディーンの言及

【歴史】より

…その後のアラビア語史書は主として地方史と伝記に集中し,とくにエジプトと西方イスラム世界で多くの傑作が著された。ペルシア語による歴史叙述は,イル・ハーン国時代にジュワイニーラシード・アッディーンとによって始められ,とくに後者の《集史》は世界的視野に立った本格的な世界史で,文字通りペルシア史学を確立させるとともに,その後のペルシア語による歴史叙述の模範となった。年代記【嶋田 襄平】
【無文字社会における歴史と口頭伝承】
 かつては歴史研究といえば,文字のある社会に限られていた。…

※「ラシード・アッディーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラシード・アッディーンの関連キーワードオグズ・ハーン伝説イル・ハーン国聖武親征録新元史

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android