コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラシード・アリー・アルキーラーニー Rashīd ‘Alī al‐Kīlānī

世界大百科事典 第2版の解説

ラシード・アリー・アルキーラーニー【Rashīd ‘Alī al‐Kīlānī】

1882‐1965
イラクの政治家。バグダードのスンナ派の名家の出身。ガイラーニーとも呼ばれる。1925年内相となり,30年イギリス・イラク条約の締結に反対した。33年首相,35‐36年内相。第2次世界大戦下で親ドイツ派の指導者として,イラク亡命中のアミーン・アルフサイニーの支持を受け,40‐41年2回にわたり首相に就任したが,この親枢軸政権はイギリス軍のイラク進出により打倒された。【板垣 雄三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラシード・アリー・アルキーラーニーの関連キーワードゴダール(Jean-Luc Godard)森一生宇宙開発史(年表)新宿(区)アニオン電着塗装シャブロル新藤兼人中平康山本薩夫[各個指定]芸能部門

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android