コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラシード ラシード Rashīd

4件 の用語解説(ラシードの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ラシード(Rashīd)

エジプト北部にある都市ロゼッタエジプト名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラシード【Rashīd】

エジプト北部,ナイルデルタ地帯にある都市。人口3万7000(1966)。ロゼッタRosettaの名でも知られる。ナイル川ラシード(ロゼッタ)支流の出口にあたる重要な港町。ローマ時代のストラボンの地理書によるとボルビティネBolbitinēと呼ばれ,町は現在よりもっと北にあった。イスラム時代になるとモスクや市場などがある商業都市として栄えていた。1799年ナポレオンエジプト遠征軍の士官が象形文字解読の鍵となったロゼッタ・ストーンを発見したことは有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラシード
ラシード

ハールーン・アッラシード」のページをご覧ください。

ラシード
ラシード
Rashīd

別称ロゼッタ Rosetta。エジプト北部,ブハイラー県の都市。ナイルデルタ,ラシード川河口から 13km上流,アレクサンドリアの北東 56kmに位置する。 800年頃ハールーン・アッラシード (カリフ) により設立され,17~18世紀頃までデルタ地帯の穀物搬出を独占して栄えたが,アレクサンドリアの台頭とともに衰退した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラシードの言及

【ロゼッタ・ストーン】より

…古代エジプトの象形文字の解読に重要な手がかりとなった玄武岩製石碑。ナポレオンのエジプト遠征のおり,1799年8月,ナイルの一河口の町ロゼッタ(アラビア語ではラシード)の近くで発見されたのでこの名がある。現在大英博物館所蔵。…

※「ラシード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラシードの関連キーワードエジプトタニスマンスーラロゼッタエジプト鼠エジプト綿エジプトはナイルの賜サーンイルハガルディムヤートマハッラ・エル・クブラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラシードの関連情報