コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスカー・シューラー Else Lasker‐Schüler

1件 の用語解説(ラスカー・シューラーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラスカー・シューラー【Else Lasker‐Schüler】

1869‐1945
ドイツの女流詩人。エルバーフェルト(現,ブッパータール)の裕福なユダヤ人家庭に生まれる。結婚し一児を得て後離婚,ベルリンで文学活動に入る。文学的出発は,自然主義,ユーゲントシュティールの時代に属するが,その抒情詩は,神,民族,肉親,異性等への愛を,自然や宇宙にも通う深い憧憬と女性的感性で赤裸に歌い,現実と幻想が溶け合ったメルヘン風の散文作品とともに,内面表象に新境地を開いた。1932年クライスト賞を受ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ラスカー・シューラーの関連キーワード藩学一覧原子爆弾投下女性参政権イギリス映画ドイツ問題レルヒ北朝鮮特攻隊闇市陸軍省

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone